AGAの原因は悪化しない為にDHTの生産を止める必要があります

チェックする

医療スタッフ

薄毛の治療は原因を調べることから始まります。
ですから、まずは医療機関でしっかりと診察を受け、原因を突き止めることが大切になります。
薄毛の原因には、生活習慣が原因になっていることも多いのですが、30から40代の男性で髪の毛が薄くなってきたと言う人は、男性型脱毛症の可能性があります。
薄毛の原因の一つである男性型脱毛症とは、名前にあるように男性に特有の脱毛症のことで、男性ホルモンの一種であるテストステロンが強く関与しているのです。
実際には、テストステロンが変換酵素である5αリダクターゼの働きによりジヒドロテストステロンに変わり、このジヒドロテストステロンが毛母細胞にダメージを与えてしまうのです。
そうなると、髪の毛は次第に細くなり抜けてゆくのです。
しかし、治療することも可能ですから安心してください。

男性型脱毛症の治療には、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素を阻害する薬剤が利用されています。
この薬剤は、フィナステリドと呼ばれ、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されてきた経緯があります。
フィナステリドは飲んで効く医薬品ですから、定められた用量を毎日服用する必要があります。
また、フィナステリドは抜け毛を防ぐ効果が強い一方で、髪の毛の再生を促す作用は比較的弱いと言われています。
ですから、発毛効果がある医薬品や発毛効果が期待できる医薬部外品を同時に使用することで、髪の毛を再生することが可能になるのです。
また、女性に見られる薄毛についても、治療できる場合がありますから美容外科に相談してみることをおススメします。