AGAの原因は悪化しない為にDHTの生産を止める必要があります

食い止める

看護婦

薄毛の治療には、生活み見直すことざ必要です。まずは、食事についてです。
動物性脂肪、塩分を多く含んだ食事は、髪に良くありません。そのため、大豆製品、亜鉛、銅を含む牡蠣、ワカメ、ひじき、野菜、果物類を多く摂るようにします。
次に、睡眠時間です。髪も22時~2時の間に一番成長します。
この時間帯に寝ていることが重要になります。また、毎日同じ時間に起床、就寝することも大切です。
毎日違った時間だと、睡眠に入るまでに体が機能的に鈍くなり、短時間しか眠れないからです。さらに、ストレスも良くありません。
ゆっくりお風呂に入ったり、お酒で発散するのも効果があります。しかし、深酒も髪に良くないため適量を心がけます。
また、仕事中やプライベートで帽子をかぶる機会が多い人は、頭を蒸らしすぎないことも重要です。血行が悪くなるため、休憩時間は脱いだり、窮屈でないものを選ぶ必要があります。

生活改善以外には、育毛剤、シャンプー、サプリ、専門医に相談する方法があります。育毛剤を使用した場合は、頭皮に変化ぎ現れてきます。
主に抜け毛の本数が減少、ボリュームがでたなどの効果が期待できます。シャンプーの場合は、はじめにしっかりお湯で髪の毛の汚れを取ることが大切です。
温度は35度が適切になります。皮脂が多い方は37度くらいが適温です。
シャンプーを付ける際は、一旦手で泡立ててから付けます。これは、洗い残しや直付けで泡立てる際の抜け毛を減らすためです。
洗う順番は、後頭部、頭頂部、生え際と洗っていきます。最後に、35度程度のぬるま湯でしっかりと洗い流します。
サプリの場合は、ビタミンやミネラルを摂取します。これは、1年以上続けることで頭皮の状態が改善する方が多いようです。
専門医に相談する場合は、医学的根拠にもとづいて、情報や治療法をアドバイスしてもらえます。